松本直美ブログ

2017/09/25

9月も後半、秋風が心地よいですね(^^)/
歳を重ねるにつれ、自分の能力の衰えなど感じることが多くなりました。
人の名前が中々思い出せなかったり、覚えていたことを忘れる回数が増えたり・・・
今まではこんなことなかったのに・・・と、がっかりしてしまうことが多くなっています。
しかし、がっかりを感じた時に、自分を責めるのではなく、ご自身の脳の働きを良くするために、これを何か新しいことを始めるサインと思うことにしました。

『新しいことって何だろう?』と思うかもしれません。
自分の中で、少しでも興味があって、やってみたいと思うことをとにかく順にやってみることをオススメします。

例えば、スポーツ教室や絵画や音楽のようなカルチャー教室など、最近は体験コースがあるものも多いようです。
一度体験してみて、『もう少し続けてみたいな』と思ったら継続すれば良いのです。
『始めたことは継続しなければ意味がない』と思いがちですが、想像と実際にやってみるのとでは全く違うものです。
やってみて、どんな部分に楽しさや、やりがいを感じるか、人それぞれ違います。

一度トライしてみる。それから次にどうするかを考えれば良いのです。
年齢を重ねるごとにがっかりするのではなく、新しいことを始める機会を作って楽しみましょう。
気がつくと、新しいデキルことが増えて素敵な人になっていますよ(^^)/

2017/09/13

◆感謝・感謝


9月に入り一気に秋の気配が漂っています。
今年の夏は何だか、夏らしい夏ではなったので、そのまま一気に秋がやって来るのも可笑しな気分です。
そんな私の気持ちを察することなく、季節は巡っています(笑)
最近、日々の生活で気をつけけていることがあります。
改めて言うと変ですが、それは常に感謝することです。
感謝することは、誰もが行っていると思いますが、
それは全ての出来事に対する感謝ではないはず。
そうなんです。「全てに感謝する」ことは中々出来ていないのです。
物事が起こり、そのことが自分にとって有難いと感じて初めて
感謝しているのです。
起こった事に対する判断が入ってから、感謝となります。
でも、それをどんなことにでも感謝してみると。
何と不思議なことに、全てが何故か感謝する有難い出来事に変わるんです。脳の認識で、感謝する出来事にすり替わるようです。
人の脳の作りがそういうモノであるなら、
使い方次第で気持ち良い日々が送れます。